「私なら投げさせた」大船渡・佐々木朗希の登板なしに盛岡大付の前監督、沢田真一氏

2019/07/25 20:24

 各地で甲子園への切符をかけた熱戦が繰り広げられるなか、岩手大会は25日に決勝が行われた。大船渡の最速163キロ右腕、佐々木朗希投手と花巻東打線の対決が期待されたが、佐々木投手は登板しないまま、試合は12-2で花巻東が制した。大船渡を率いる国保陽平監督は佐々木を登板させなかったことについて「故障を防ぐため」と話した。この決断については賛否が分かれるところだ。同じ岩手県内の盛岡大付の前監督、沢田真一さんはどう見たのか、見解を聞いた。

あわせて読みたい

  • 大船渡・佐々木の決勝戦登板回避でスカウトの本音 「決勝で能力、見たかった」 

    大船渡・佐々木の決勝戦登板回避でスカウトの本音 「決勝で能力、見たかった」 

    週刊朝日

    7/26

    佐々木朗希の決勝登板回避は勝つための戦略だった!関係者の新証言

    佐々木朗希の決勝登板回避は勝つための戦略だった!関係者の新証言

    dot.

    8/25

  • “大船渡・佐々木、登板せず敗北”に東尾修「周囲が起用法に言えることはない」
    筆者の顔写真

    東尾修

    “大船渡・佐々木、登板せず敗北”に東尾修「周囲が起用法に言えることはない」

    週刊朝日

    8/3

    <ドラフト>163キロ佐々木「20勝できる」とライバル校前監督

    <ドラフト>163キロ佐々木「20勝できる」とライバル校前監督

    dot.

    10/17

  • 独自にフォーム磨いた佐々木朗希 球団担当者に熱心に質問も

    独自にフォーム磨いた佐々木朗希 球団担当者に熱心に質問も

    AERA

    10/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す