戦闘員の4割が女性だったコロンビア・ゲリラ「FARC」。記者が見た意外な素顔とは…

朝日新聞出版の本

2019/07/08 16:00

 コロンビアは、2016年11月に左翼ゲリラFARC(ファルク)との間に和平合意を締結。FARCは武装解除し、半世紀以上にわたる内戦が終わった。14年9月から約4年間、中南米特派員を務めた田村剛・朝日新聞記者は、FARC野営地にて、現在は一般市民となった戦闘員と寝食を共にして取材。彼らの意外な一面に触れた。著書『熱狂と幻滅 コロンビア和平の深層』より一部紹介する。

あわせて読みたい

  • チュニジア襲撃事件で各省庁が安全確保呼びかけ、外務省はチュニス市を「渡航の是非を検討」に

    チュニジア襲撃事件で各省庁が安全確保呼びかけ、外務省はチュニス市を「渡航の是非を検討」に

    トラベルボイス

    3/20

    「自衛隊が市民を殺すリスク」考慮すべき 安保法制で専門家指摘

    「自衛隊が市民を殺すリスク」考慮すべき 安保法制で専門家指摘

    AERA

    7/14

  • 「1月に行くしかないでしょう」天皇陛下のひと言で決まったフィリピン慰霊

    「1月に行くしかないでしょう」天皇陛下のひと言で決まったフィリピン慰霊

    週刊朝日

    2/4

    中東の破綻国家を吸収し、増殖していくイスラム国の脅威

    中東の破綻国家を吸収し、増殖していくイスラム国の脅威

    週刊朝日

    1/29

  • トルコが侵攻のシリア国境は「第2のパレスチナ」に 田岡俊次氏がテロ警鐘

    トルコが侵攻のシリア国境は「第2のパレスチナ」に 田岡俊次氏がテロ警鐘

    AERA

    11/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す