ビール、ウイスキー、ラム、テキーラの原料は何? 感染症医が教えるお酒のうんちく (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビール、ウイスキー、ラム、テキーラの原料は何? 感染症医が教えるお酒のうんちく

連載「ワインは毒か、それとも薬か」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田健太郎dot.
岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

ビール同様、大麦(麦芽)などの穀物を材料としたのがウイスキーだ。スコッチウイスキーやアイリッシュウイスキーは大麦を、バーボンはトウモロコシを材料として蒸留する。(写真:Getty Images)

ビール同様、大麦(麦芽)などの穀物を材料としたのがウイスキーだ。スコッチウイスキーやアイリッシュウイスキーは大麦を、バーボンはトウモロコシを材料として蒸留する。(写真:Getty Images)

ワインは毒か、薬か。

岩田健太郎,石川雅之

9784023317741

amazonamazon.co.jp

  感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。

 感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健康の関係」について解説したこの連載が本になりました!『ワインは毒か、薬か。』(朝日新聞出版)カバーは『もやしもん』で大人気の漫画家、石川雅之先生の書き下ろしで、4Pの漫画も収録しています。

*  *  *
 日本の伝統的なお酒ではないが、おそらく日本人に最も好まれているお酒がビールだろう。「とりあえずビール」というくらいで、高温多湿な日本の気候ではグイグイ、喉越しのよい冷えたビールはよくあう。日本食にもよくあう。外国産のお酒で、これくらい日本食にもぴったりあうアルコール飲料は、他にないのではなかろうか。

■グラスに泡が残るか否かはホップの有り無し

 ビールは大麦や小麦を原料とする。多くの場合は二条大麦を用い、その麦芽(発芽した麦)を用いる。大麦も小麦も炭水化物(デンプン)だから糖化が必要だ。しかし、ここでA. orizaeのような微生物は使わない。

 麦芽が作る酵素、アミラーゼやマルターゼが炭水化物を切って糖化するからだ。そして、糖化されたものを酵母がアルコール発酵する。

 また、ビールの原料にはホップがある。これはホップに含まれるルプリンの作用で、ビール独特の苦味や香りを与えるためだ。また、ホップには泡持ちを良くする作用があるのだそうだ。

 同じ二酸化炭素ができる酒にスパークリングワインがあるが、ビールの泡はグラスの上に残る。しかしスパークリングワインの場合、泡は残らない。ホップの有無の違いである。なお、日本のビールには他にも添加物が加えられることも多いが、ドイツでは「ビール純粋令」というルールがあり、麦芽、ホップ、水以外は使用してはならない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい