今村夏子の新作は「読む側によって姿を変えるおそるべき小説」

朝日新聞出版の本

2019/06/07 11:30

 寡作ながらも作品を発表するごとに熱狂的なファンを増やしつづけている今村夏子さん。デビュー作『こちらあみ子』で三島由紀夫賞、第二作『あひる』で河合隼雄物語賞、第三作の『星の子』では野間文芸新人賞を受賞するなど、作品の評価もゆるぎない。その待望の新作長編『むらさきのスカートの女』が、6月7日に発売となった。「こんな小説は他にない」と、その内容に太鼓判を押す、批評家・佐々木敦氏に作品の魅力を聞いてみた。

あわせて読みたい

  • 第161回芥川賞受賞作 なにげない日常に潜む、奇妙で滑稽な「狂気」

    第161回芥川賞受賞作 なにげない日常に潜む、奇妙で滑稽な「狂気」

    BOOKSTAND

    9/18

    太宰、三島、芥川賞を受賞…文豪に愛された今村夏子が芥川賞受賞会見で挙げた好きな作品とは?

    太宰、三島、芥川賞を受賞…文豪に愛された今村夏子が芥川賞受賞会見で挙げた好きな作品とは?

    AERA

    7/23

  • 【芥川賞発表】アルバイトを“クビ”になり、小説を書き始めた ――新・芥川賞作家の今村夏子が作家になるまで

    【芥川賞発表】アルバイトを“クビ”になり、小説を書き始めた ――新・芥川賞作家の今村夏子が作家になるまで

    dot.

    7/17

    令和最初の「芥川賞」候補に、今村夏子、古市憲寿ら

    令和最初の「芥川賞」候補に、今村夏子、古市憲寿ら

    dot.

    6/17

  • 六本木の夜に

    六本木の夜に"むらさきのスカートの女"集結!!今村夏子『むらさきのスカートの女』芥川賞受賞記念 読書会「むらさきの夕べ」開催

    8/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す