高校生が10年で約600種以上のキノコを収集! なぜ彼らは“キノコ部”を選んだのか?

2019/05/01 08:00

「あった、あった」。2019年4月下旬、神戸・六甲山系の再度公園の山道を歩いていると、後ろの方から弾んだ声がした。振り返ると、道端の茂みの周りに数人の輪ができている。兵庫県立御影高校(神戸市)の環境科学部生物班、通称「キノコ部」の部員たちだ。

あわせて読みたい

  • 今こそ、旬たけなわのキノコ! 秋ド真ん中、明日10月15日は、なんと「きのこの日」なんです!

    今こそ、旬たけなわのキノコ! 秋ド真ん中、明日10月15日は、なんと「きのこの日」なんです!

    tenki.jp

    10/14

    木とキノコの組合せは決まっている! 木と共生し森を守る「キノコ」の正体とは?

    木とキノコの組合せは決まっている! 木と共生し森を守る「キノコ」の正体とは?

    tenki.jp

    10/13

  • 京大の周辺はキノコの宝庫だった! 歌人・永田和宏が語るキノコ狩りの醍醐味

    京大の周辺はキノコの宝庫だった! 歌人・永田和宏が語るキノコ狩りの醍醐味

    週刊朝日

    11/21

    たたくと胞子を出すキノコも?! 神戸・六甲山で見つけたキノコたち

    たたくと胞子を出すキノコも?! 神戸・六甲山で見つけたキノコたち

    5/1

  • 【家つまみ】オイルでなめらか口あたり「いろいろキノコのポタージュ」
    筆者の顔写真

    黒田民子

    【家つまみ】オイルでなめらか口あたり「いろいろキノコのポタージュ」

    週刊朝日

    11/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す