大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子

「マスカレード・ホテル」で木村拓哉と共演した長澤まさみ (c)朝日新聞社

「マスカレード・ホテル」で木村拓哉と共演した長澤まさみ (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

「マスカレード・ホテル」には、他にも「HERO」との共通点があった。仕事で相棒を組む女性と「同僚以上、恋人未満」な感じになることだ。

 2011年放映の元祖「HERO」は、松たか子演じる検察事務官が相棒。木村と松の掛け合いがラブコメっぽいドキドキ感で、それがドラマの魅力になった。「マスカレード・ホテル」は、長澤まさみ演じるホテルウーマンが相棒。緊張感あるやりとりが続くが、そこは美男美女、ドキドキ感も醸し出す。最後は「恋人未満」を暗示させるシーンも用意され、めでたし、めでたし。

 ではあるのだが、一つ気になったことが。新田刑事、一体、いくつなんだろう。

 現実の木村、1972年生まれの46歳。長澤は87年生まれの31歳。画面の木村を見ていると、現実の長澤の年齢に近い設定だと思う。同年代の男女が、次第に信頼感を上げていくお話。そうわかるのだが、ちょっと苦しい。

「HERO」の松たか子は77年生まれで、木村とは5歳差だった。「恋人未満」にリアルさがあった。長澤とは15歳差。だから「おんなじぐらいの年ってことよね」と頭で確認しながら観る感じ。

 別に構わないと言えば構わないが、少しつらいと言えばつらい。

 木村が「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」で「何やってもキムタクって言われる」と語ったのは、案外この辺りのことを感じているということではないだろうか。(矢部万紀子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい