東大出身で弁護士だった明石市長「火つけてこい」暴言30分【全文公開】 (1/7) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大出身で弁護士だった明石市長「火つけてこい」暴言30分【全文公開】

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之,福井しほdot.

会見する泉房穂市長 (c)朝日新聞社

会見する泉房穂市長 (c)朝日新聞社

 道路の拡幅工事を巡り、土地建物の立ち退き交渉を担当した職員に「火付けてこい」などと暴言を浴びせ、1月29日に謝罪会見に追い込まれた兵庫県明石市の泉房穂市長(55)。

 AERA dot.編集部は泉市長の暴言が約30分に渡って録音された音声データを独占入手。テレビで流れている音声は、数分でごく一部だ。暴言があったのは2017年6月14日で国道2号拡幅に伴う用地買収が進んでいないことについて、市長が市幹部を厳しく叱責。

「アホちゃうか。火を付けて捕まってこい。燃やしてしまえ」などの暴言を吐いた様子が録音されていた。泉市長は4月の市長選に3選を目指して出馬する意向を明らかにしたが、市には辞任を求める苦情が殺到しているという。明石市関係者がこう話す。

「市長は東大出身、弁護士で頭は人の何倍もいいから、職員のやることがとろい、どんくさいように思えてならないようで、こうして癇癪を爆発させることは多かった。また、何が必要か不要か、ハッキリしており、メリットがないものについては『なんで、こんなもんがいるのや』と怒りを爆発させることは、よくある。市長のイベントなどの参加を依頼しても、気に入らないものには、『こんなイベント、なんでオレが出なアカンのや』『おもろない集会や』などと罵詈雑言。『おまえら、アホか』とよく市長は機嫌が悪いと怒鳴る。頭良すぎて、職員がアホに見えるんです」

 ただ、市関係者によると、泉市長が就任して以来、明石市は人口が増え、税収アップ。

 社会的弱者への政策でも、高く評価されているという。

「今回の立ち退きも、7年間、職員が放置していたことも事実。録音でも職員も悪いことを認めている。ただ、問題の叱責、恫喝の録音は約1時間あり、かなり多くの職員がスマホで持っています。ただ1時間、すべて聞くとちょっと違った印象があると思います。なぜ、恫喝のところだけが、この時期にでまわっているのか? ひとえに次の市長選絡みですよ。NHKが全国ニュースで午後7時、9時のトップニュースにまでとりあげた恫喝、叱責の録音。その裏側には、明石市の闇の権力闘争があるように思います」(明石市職員)

 以下は泉市長が市幹部を叱責、恫喝した録音の全文。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい