乃木坂46・高山一実の初小説が大ヒット…アイドルたちが筆をとる理由 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乃木坂46・高山一実の初小説が大ヒット…アイドルたちが筆をとる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎さとしdot.
乃木坂46の高山一実 (c)朝日新聞社

乃木坂46の高山一実 (c)朝日新聞社

■文学賞を狙えるアイドルも将来的に出てくる!?

 これ以外にもここ数年は、ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観(34)やSEKAI NO OWARIのキーボード・藤崎彩織(32)や加藤ミリヤ(30)などミュージシャンや、芸人ならバカリズム(43)やオードリー・若林正恭(40)などのタレント小説が、ただ出したというだけでなく、それなりに売り上げ・評価を得ている。

「最近のタレント小説ブームの発端は、なんといっても芥川賞を受賞した又吉直樹(38)の『火花』(文藝春秋)でしょう。その芸人小説も、その前に劇団ひとり(41)などの芸人が小説を手がけてヒットしてきた流れがあった。芸人さんは小説好きな方も多く、実際に作家さんとの交流も盛んです。やっぱリ小説は、本を読んでいないとかけないですからね……。彼らはネタを書いたりするので、独自の視点もあって、小説としても面白いものができるパターンも多い。もちろん考えすぎたり、狙いすぎてマニアックな方面に行き過ぎる人もいるので、編集者としてはうまく導いてあげたい所です」(大手出版社の編集者)

 アイドル事情に詳しい、エンタメライターの中村裕一氏は“アイドル作家”についてこう分析する。

「確かに白石麻衣や生田絵梨花の写真集の大ヒットもあり、乃木坂46が今、追い風ムードであることは間違いありません。少々乱暴かもしれませんが、アイドルも作家も“表現する”という意味では同じカテゴリー。むしろ国民的アイドルグループとして、一般人には到底想像できないような多忙で複雑な日々を過ごしている彼女たちが感じ取ったさまざまな思いや感情を、文章という形で表現することには非常に興味があります。大人数のメンバーのなかに埋もれていた存在が、こういった形で才能を開花するのは喜ばしいこと。たとえ今はまだ『アイドル作家』という色眼鏡で見られるとしても、将来的には文学賞を狙えるようなクオリティーの作品が出る可能性は十分に考えられます」

 高山の10万部超えヒットという呼び水があって、アイドル小説という新たなジャンルが出版不況の中、救世主となるのだろうか。(ライター・黒崎さとし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい