大学崩壊? 授業料高騰と人文系学問の消滅…すでにアメリカが迎えている危機とは

大学入試

2018/12/05 16:00

 アメリカではすでに問題となっている、大学の授業料高騰。日本の大学も危機的状況にあると、現役のアメリカ大学教授であり、竹内洋・関西大学名誉教授との共著『アメリカの大学の裏側』(朝日新書)を出版したアキ・ロバーツさんは警鐘を鳴らす。授業料値上げが引き起こす問題とは? ロバーツさんにご寄稿いただいた。

あわせて読みたい

  • 「円安」「物価高」「航空券高騰」のトリプルパンチで海外留学「辞退」続出 1年間で1千万円超えも

    「円安」「物価高」「航空券高騰」のトリプルパンチで海外留学「辞退」続出 1年間で1千万円超えも

    dot.

    7/12

    日本の大学卒業率は「異常」? 激化する大学間競争のなかで地方大学が果たす役割とは

    日本の大学卒業率は「異常」? 激化する大学間競争のなかで地方大学が果たす役割とは

    dot.

    4/8

  • 内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    dot.

    4/24

    「成績不振だと強制帰国で全額返金」関西外大の手厚い奨学金と英語教育

    「成績不振だと強制帰国で全額返金」関西外大の手厚い奨学金と英語教育

    AERA

    11/25

  • 留学は下火、それとも人気? 海外で学ぶメリットの現状

    留学は下火、それとも人気? 海外で学ぶメリットの現状

    dot.

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す