65歳白血病と26歳精巣腫瘍 二人のサバイバーが語ったがんになってわかったこと

がん

2018/12/07 11:30

 日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する時代、がんは私たちの身近に存在している。それでも多くの人は「自分だけはがんにならない」という思いで日々の暮らしを営んでいるのだはないだろうか。定年まで勤め上げた会社を引退後、これから第二の人生を楽しもうとした矢先に白血病の告知受けたジャーナリスト。働き盛りの20代にがん宣告を受け恋人とともに途方に暮れた若き記者。がんに対する向き合い方、病との戦い方、医者・病院との付き合い、家族の支え、そして再発の恐怖……。「がんはあきらめてはいけない」というメッセージを届けたいと、世代を超えた二人のがんサバイバーが語り合った――。

あわせて読みたい

  • がん「告知」と「治療」で究極的に大事なこととは? 65歳白血病と26歳精巣腫瘍の「がん対談」

    がん「告知」と「治療」で究極的に大事なこととは? 65歳白血病と26歳精巣腫瘍の「がん対談」

    dot.

    12/7

    「東大女子」2割の壁を破るには? 上野千鶴子「選抜方式の変更」を提案

    「東大女子」2割の壁を破るには? 上野千鶴子「選抜方式の変更」を提案

    週刊朝日

    2/27

  • 山口真由「あえてばかっぽいしゃべり方を…」 「東大女子」対談で明かす

    山口真由「あえてばかっぽいしゃべり方を…」 「東大女子」対談で明かす

    週刊朝日

    2/27

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    8/31

  • 本音を言えない医療現場――口をふさがれているのは患者か、医者か?【幡野広志×大塚篤司】

    本音を言えない医療現場――口をふさがれているのは患者か、医者か?【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    9/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す