きっかけは「臓器移植」 AIBOだけでなくルンバも…ペットロボット葬 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きっかけは「臓器移植」 AIBOだけでなくルンバも…ペットロボット葬

このエントリーをはてなブックマークに追加
鵜飼秀徳dot.#ペット

ずらりと並んだAIBOの葬式が千葉県いずみ市の光福寺・大井文彦住職によって執り行われた(撮影/鵜飼秀徳)

ずらりと並んだAIBOの葬式が千葉県いずみ市の光福寺・大井文彦住職によって執り行われた(撮影/鵜飼秀徳)

「献体」と「臓器移植」をして、生き残るAIBOの役に立ったロボットは飼い主の気持ちや念を抜くために供養される(撮影/鵜飼秀徳)

「献体」と「臓器移植」をして、生き残るAIBOの役に立ったロボットは飼い主の気持ちや念を抜くために供養される(撮影/鵜飼秀徳)

『ペットと葬式 日本人の供養心をさぐる』(朝日新書)/鵜飼秀徳著

うちの子であるペットは人間同様に極楽へ行けるのか? そう考えると眠れなくなる人も少なくないらしい。この問題に真っ正面から取り組んで、現代仏教の役割とその現場を克明に解き明かしていく。ペット塚は歴史の始まりからあり、現代ではAIBOだって手厚く葬られている。

978-4022737885

amazonamazon.co.jp

 千葉県いすみ市の日蓮宗光福寺で2018年春、奇妙なペット葬が行われた。

 読経が流れる中、100匹以上の動かなくなった「犬」が本堂にずらりと祀られている。喪服を着た参列者が神妙な表情で焼香をしていく。

「AIBO(アイボ)」の葬式である。AIBOとはソニーが生んだ犬型のロボット。AIBOの葬式は2015年から始まり、今回で6回目を数えた。

【「献体」や「臓器移植」が済み、供養されるAIBOたち】

 2年前、初めての葬式の時に弔われたAIBOは17台だけだった。だが、回数を重ねる度に供養されるAIBOの数は増え、今回は114台に「引導」が渡された。

 しかし、生命体ではないロボットにたいして、葬式をあげるとはどういうことか。話は初代AIBOが誕生した20年ほど前に遡る。

 AIBOが国内で初めて販売されたのは1999年6月のこと。定価25万円と高額であったが、発売わずか20分で国内受注分3000台が売り切れる盛況ぶりであった。AIBOは頭部にカメラを内蔵した未来的なデザインが特徴で、あえてメカニカルな感じを出したところに斬新さがあった。尻尾を振り、愛くるしくつきまとう姿は、瞬く間に「飼い主」の心を掴んだ。

 AIBOはプログラミングによって「学習」して「成長」する。飼い主は本物の子犬を育てているような感覚にさえなった。

 AIBOは5つのシリーズを出し、累計15万台を販売したヒット作となった。たが、ソニーの業績悪化によって2006年、製造・販売が中止となる。7年後の2014年3月には、ソニーの修理対応も打ち切られてしまった。

 寿命がないはずのロボット犬に「死」の宣告が突きつけられたのである。AIBOを治療する「病院」がなくなってしまったのだから。故障あるいは充電池の消耗によって、AIBOはいずれ動かなくなる運命にあった。

「亡くなった親が“飼っていた”AIBOが動かなくなった。何とか修理してほしい」

 折しも、飼い主の悲痛な願いが、ソニーの元技術者たちで立ち上げた電化製品の修理工房「ア・ファン」(千葉県習志野市)に寄せられた。ア・ファンは2015年からAIBOの修理を手がけ始める。しかし、修理のための新しい部品はすでに生産中止になっていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい