有村架純、広瀬すず…芸能界入りしてなければ、こんな仕事に就いていた? 自衛隊も選択肢だった人気女優も (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

有村架純、広瀬すず…芸能界入りしてなければ、こんな仕事に就いていた? 自衛隊も選択肢だった人気女優も

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
有村架純 (c)朝日新聞社

有村架純 (c)朝日新聞社

本田翼 (c)朝日新聞社

本田翼 (c)朝日新聞社

■薬剤師に新聞記者、国語の先生……

 女優の有村架純(25)が10月18日、東京都内で行われた主演映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」の完成披露試写会に出席した。同映画は肥薩おれんじ鉄道を舞台に、シングルマザー役の有村が息子のために女性運転士を目指し、新たな人生を歩む姿を描く作品。そんな内容にちなみ、MCから「別の職業で生きていくなら、どんなことをしたいか?」と聞かれると、有村は「体に対する悩みとか、ここを改善したいという人の相談を受ける人」と告白。「私も体について悩むことがあって。知識も技術も勉強して、そういう人たちのためになりたいです」と語った。

【写真】自衛隊に入っていたかもしれない人気女優はこちら

 今や主演クラスの女優として大活躍中の有村。そもそも、女優は高い演技力とルックスで観客や視聴者を魅了し、憧れる女性も多い仕事かつ、就くことが難しい職業の一つだろう。そんな中、カウンセラーに興味があったとは意外な話だが、有村以外にもこれまで「女優以外の道を進むとしたら」という問いに、思いがけない職業をあげた人気女優がいる。

「例えば、満島ひかり(32)。若手も憧れる実力派女優としての地位を確立していますが、雑誌のインタビューでの『女優になっていなかったら?』という質問に、『地元の地方新聞の記者か国語の先生』と答えていました。理由は、人々が持つ誤解とか矛盾や、秘められた思いなどをもっと知りたいとか。桐谷美玲(28)は薬剤師。母親が薬剤師で、その影響だそうです。母の勤め先に行った際、白衣を着て客に薬の説明をしている姿を見て『かっこいい』と思ったと、WEBマガジンで明かしていました」(テレビ情報誌の編集者)

 有村と同様、それぞれ第一線で活躍する女優だが、薬剤師や地方新聞の記者を選択していたら……と想像すると非常に興味深い。

 他にも、広瀬すず(20)はバスケットボールの監督と発言している。小学生の頃からバスケ部で活躍していた広瀬。ある先生がオシャレな服装でバスケもうまくて『かっこいい』と思っていて、オシャレで厳しくて強いチームに憧れていたそうだ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい