世界中のエリートが実践! アホにイライラしないためにすべきこと (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界中のエリートが実践! アホにイライラしないためにすべきこと

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村耕太郎さん

田村耕太郎さん

イライラをしずめ、平常心を取り戻そう(※イメージ写真)

イライラをしずめ、平常心を取り戻そう(※イメージ写真)

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークワンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、60万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。

 日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「ついついアホにカッとしてしまう」ことについて。

*  *  *
【相談】 私は昔から怒りっぽく、ちょっとしたことでカッとしたりイライラしたりしてしまいます。アホとは戦いたくないのですが、どうしたら怒りを抑えられるでしょうか。

■「第3の目」「第4の目」を持つ

 私も東南アジアに来たばかりの頃は、年中暑くてイライラし、思い通りにならないことばかりでイライラしていました。

 しかし、ここのところの自分はメンタルが強くなり、感情は安定していて、乱されることなくなりました。

 以前とは全く違う自分がいます。

 何をしているのか?

 それは、瞑想(めいそう)です。瞑想はメンタルを強くしてくれます。今、世界中の成功者がやっています。

 寝る前の瞑想は「感情に振りまわされ邪念に満ちた自分を上から見る」のにとてもいい機会です。

 呼吸を深くゆっくりし、邪念にまみれた自分を15分から30分ほど静かに見つめなおしてください。

 瞑想をしていると、いろんな雑念がわいてきますが、それでいいのだと思います。なぜなら邪念を冷静に見ている「自分」がいるからです。

 瞑想は「感情」と「意識」をわける訓練です。

 ほとんどの判断ミス、分析ミスは「感情の混入」にあります。

 私の場合そうです。この「感情の混入」を防ぎ、「感情」と「意識」を分けることで判断ミスや分析ミス、そして対人関係のトラブルを極度に減らすことができます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい