【ドラフト2018】中日、ドラ1で根尾を狙うも…ゲームを支配できる強肩捕手も獲得したい (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト2018】中日、ドラ1で根尾を狙うも…ゲームを支配できる強肩捕手も獲得したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
氏原英明dot.
大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

 太田は強肩もさることながら、ゲームをコントロールできる支配力がある。中日がいま欲しているのはそれこそ、チームOBの谷繁元信のような圧倒的な存在感を誇る捕手だ。いきなりというわけにはいかないが、将来性も考慮して指名を検討したい。石橋は上級生になってからの甲子園出場はないものの、強肩強打が持ち味だ。野村は早実で清宮幸太郎(日本ハム)の後ろの4番を任されたほどのスラッガーだ。プロでも捕手を務めるイメージはそれほど湧かないが、千葉ロッテの田村龍弘のようにはなれるかもしれない。

 投手ももちろん指名候補に入れたい。できれば、高校生がいいだろう。藤嶋健人、清水達也、山本拓実など高卒投手がデビューを飾るなど、いい機運ができている。横川凱(大阪桐蔭)、垣越建伸(山梨学院)ら将来性のある左腕の成長を期待して指名したい。(文・氏原英明)

●プロフィール
氏原英明
1977年、サンパウロ生まれ奈良育ち。地方新聞社勤務を経て、03年からフリーライター。夏の甲子園は03年から大会をすべて観戦取材するなど、アマチュア野球に精通。現在のプロ野球選手のアマチュア時代を知る強さを生かし、プロの現場でも成長ぶりを追いかける。一方、最近では個性がどう生かされているかをプロアマを問わず観戦の主眼に置いている。近著には「甲子園という病」 (新潮新書)がある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい