パスポート紛失! それでも予定通り帰国した難治がんの記者が、現地に留まるより「飛ぶ」ことを選んだ理由

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/10/13 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は入院生活の読書から思い出したパスポート紛失騒動について。

あわせて読みたい

  • ワールドカップ観戦でブラジルに行くには「イエローカード」が必要?

    ワールドカップ観戦でブラジルに行くには「イエローカード」が必要?

    dot.

    5/23

    山手線を一周して、乗車駅で下車したときの運賃はいくらか?

    山手線を一周して、乗車駅で下車したときの運賃はいくらか?

    ダイヤモンド・オンライン

    10/5

  • 「世界一多くのエアラインに乗った」ギネス記録を持ち旅客機を撮る写真家・チャーリィ古庄

    「世界一多くのエアラインに乗った」ギネス記録を持ち旅客機を撮る写真家・チャーリィ古庄

    dot.

    6/17

    ポストコロナの韓国観光「感涙」の最速ルポ「仁川空港のトイレがきれいに!」と渡韓ハイ【入国編】

    ポストコロナの韓国観光「感涙」の最速ルポ「仁川空港のトイレがきれいに!」と渡韓ハイ【入国編】

    dot.

    6/26

  • ノーベル賞受賞、築地から豊洲へ、安田純平さん開放…10月のニュースをおさらい!

    ノーベル賞受賞、築地から豊洲へ、安田純平さん開放…10月のニュースをおさらい!

    AERA

    12/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す