池上線と池上本門寺の深い関係 全国から30万人以上が集まる「お会式」とは (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

池上線と池上本門寺の深い関係 全国から30万人以上が集まる「お会式」とは

連載「あなたの知らない神社仏閣の世界」

dot.#神社仏閣
総門。扁額の「本門寺」の文字は本阿弥光悦の筆によるもの

総門。扁額の「本門寺」の文字は本阿弥光悦の筆によるもの

「江戸自慢三十六興 池上本門寺会式」(広重画 豊国筆/国立国会図書館デジタル化資料より転載)

「江戸自慢三十六興 池上本門寺会式」(広重画 豊国筆/国立国会図書館デジタル化資料より転載)

大堂(祖師堂)の前にはお会式のための柱が立てられる

大堂(祖師堂)の前にはお会式のための柱が立てられる

関東で一番古い五重塔

関東で一番古い五重塔

 もともと池上電気鉄道という会社が、池上本門寺への参詣者輸送のために、免許申請が行ったのが1912(明治45)年、さまざまな問題が山積していたため実際の開業は1922(大正11)年となるが、これもお会式直前に間に合わせるかのように営業が始まっている。のちに東急電鉄によって合併され、今でもお会式には臨時列車が走っている。

●池上の大堂は清正寄進

 江戸時代になり、徳川家をはじめ加藤清正、前田利家などの大名からの寄進を受け大伽藍(がらん)を持つようになった。有名な江戸っ子たちの口上に「池上(本門寺)の大堂、上野(寛永寺)の中堂、芝(増上寺)の小堂」というものがある。大戦中の戦火でほとんどを焼き尽くされたが、加藤清正が寄進したというその大堂(祖師堂)は、清正が兜(かぶと)をかぶったままでも縁の下を通ることができたほどだったとか。また墓所には奥絵師・狩野探幽をはじめとした狩野家、市川雷蔵、初代松本白鸚など著名人が多く眠る。中でも力道山のお墓は、格闘技ファンにとっては聖地としても知られている。

●官軍が逗留した本陣

 奥庭にあたる「松涛園」は小堀遠州作の名庭で、西郷隆盛と勝海舟による江戸城無血開城の会見場所とも言われている。これは、官軍が、本門寺を本陣として逗留していたため、会談の申し入れが行われたものだと考えられているようだ。のちに会談の行われた薩摩藩蔵屋敷跡には、「江戸開城西郷南洲 勝海舟會見之地」碑が建てられているが、松涛園の庭園内にも会見の碑が建っている。

 本門寺の墓所入り口付近に立つ五重塔は、関東に残るもののうち一番古いものだ。これは徳川2代将軍・秀忠の乳母が、秀忠15歳の折、疱瘡からの平癒のお礼に建立したものである。ほとんどの堂宇を戦火で焼かれた本門寺において、この貴重な塔と、日蓮の荼毘(だび)所と伝わる場所に立つ多宝塔が残ったのは、魔除けの「赤色」が効いたのだろうか。広い境内を歩きながらふとそんなことを思ってしまった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

鈴子

昭和生まれのライター&編集者。神社仏閣とパワースポットに関するブログ「東京のパワースポットを歩く」(https://tokyopowerspot.com/blog/)が好評。著書に「怨霊退散! TOKYO最強パワースポットを歩く!東東京編/西東京編」(ファミマ・ドット・コム)、「開運ご利益東京・下町散歩 」(Gakken Mook)、「山手線と総武線で「金運」さんぽ!! 」「大江戸線で『縁結び』さんぽ!!」(いずれも新翠舎電子書籍)など。得意ジャンルはほかに欧米を中心とした海外テレビドラマ。ハワイ好き

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい