魔の9月1日 車のハンドルをガードレールへ動かそうとした少女は…

ぶらり不登校

教育

2018/09/01 07:00

 子どもの自殺が増加する夏休み明け。内閣府調査によると過去42年間に自殺した子どもは1万8048人にのぼる。最も多かった日付は9月1日だった。「学校へ行きたくない」という思いを抱える子は、どんな思いでこの日を迎えるのだろうか。不登校新聞編集長の石井志昂さんは、ある15歳の少女の手記を紹介する。小学6年のときに不登校になった彼女はどうして親にさえSOSを出せなかったのか。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す