「難治がんに思い知らせてやる」 ウーマン・村本の誘いで記者が“コメディー”に初挑戦 はじまりは2年前…

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/08/18 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は、ウーマンラッシュアワー村本大輔さんに誘われて挑んだ初舞台の様子をお伝えする。

あわせて読みたい

  • ウーマン・村本大輔「マイノリティと言うと、周囲の反応面白い」 難治ガン記者と対談【前編】

    ウーマン・村本大輔「マイノリティと言うと、周囲の反応面白い」 難治ガン記者と対談【前編】

    dot.

    9/28

    ウーマン・村本大輔「沖縄メディア、朝日は僕が喋った言葉を武器にするので…」難治ガン記者と対談【後編】

    ウーマン・村本大輔「沖縄メディア、朝日は僕が喋った言葉を武器にするので…」難治ガン記者と対談【後編】

    dot.

    9/30

  • 「村本大輔が安倍批判をすると、なんで吉本は怒るの?」本人の答えは?
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    「村本大輔が安倍批判をすると、なんで吉本は怒るの?」本人の答えは?

    週刊朝日

    6/5

    ウーマン・村本大輔「沖縄県知事選をなぜ、やらないと田原総一朗氏に噛みついた理由」難治ガン記者と対談【中編】

    ウーマン・村本大輔「沖縄県知事選をなぜ、やらないと田原総一朗氏に噛みついた理由」難治ガン記者と対談【中編】

    dot.

    9/29

  • 網膜剥離のウーマン中川 “光”を放置して失明寸前に

    網膜剥離のウーマン中川 “光”を放置して失明寸前に

    週刊朝日

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す