羊肉のハンバーグと35年前の難民キャンプ ペシャワール・カントンメント駅を降りて…<下川裕治のどこへと訊かれて>

どこへと訊かれて

どこへと訊かれて

2018/08/17 11:30

 その結果、パシュトゥーン人の国であるアフガニスタンと、パシュトゥーン人の街であるペシャワールが国境を挟んで存在するという構造になってしまった。ペシャワールがアフガニスタンに通じているのは当然のことだった。そしてこの街はいつもにぎわっている。19世紀からの政治力学を無視するかのように、パシュトゥーン人の主要都市であるかのような自由さを湛えていた。だからこの街が好きなのかもしれない。

 いまそのペシャワールにいる。ラワルピンディから列車でやってきた。終着駅のペシャワール・カントンメント駅で降りた。

 街に入り、ホテルを探した。フロントでマネージャーは申し訳なさそうな顔でこういった。「政府の通達で、外国人は泊めることができなくなったんです」

 何軒かのホテルに断られた。街では検問が頻繁に行われていた。なにか空気が違う。

 ペシャワールが、パシュトゥーン人の街から、パキスタンの街になりつつある。アナーキーの香りがする自由さが消えつつある。

 街の食堂で、羊肉のハンバーグを食べた。主人は金はいらない、といった。35年前の難民キャンプを思い出した。

下川裕治

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • アフガニスタン政府を見捨てた米国はベトナム戦争と同じ 米軍撤退後は政権崩壊、さらなる内戦も

    アフガニスタン政府を見捨てた米国はベトナム戦争と同じ 米軍撤退後は政権崩壊、さらなる内戦も

    AERA

    3/13

    空港の入国審査で納得した 世界の人々がパキスタンを避ける理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    空港の入国審査で納得した 世界の人々がパキスタンを避ける理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

    dot.

    9/21

  • ミャンマー人が経営する浅草の寿司屋は自由の味がする <下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    ミャンマー人が経営する浅草の寿司屋は自由の味がする <下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>

    dot.

    10/4

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    AERA

    12/11

  • アフガニスタンに戻る中村哲さん 緑の大地に変わった砂漠に分骨へ

    アフガニスタンに戻る中村哲さん 緑の大地に変わった砂漠に分骨へ

    週刊朝日

    12/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す