松坂大輔、今も残る剛球伝説「新品の金属バットにヒビが入った」【喜瀬雅則】

2018/08/01 16:00

 20年前の春、15歳だった山崎勝己は、夢の舞台を映し出しているテレビの画面にじっと見入っていた。グリーンの「HOTOKU」のロゴを胸に、甲子園で戦っている先輩たちの姿がまぶしく、輝いて見えた。

あわせて読みたい

  • 松坂大輔、退団後も古巣に…寺原隼人が明かす「冷蔵庫伝説」【喜瀬雅則】

    松坂大輔、退団後も古巣に…寺原隼人が明かす「冷蔵庫伝説」【喜瀬雅則】

    dot.

    6/8

    松坂大輔と激闘を繰り広げたPL戦士・田中一徳が伝えたい“大事なもの”【喜瀬雅則】

    松坂大輔と激闘を繰り広げたPL戦士・田中一徳が伝えたい“大事なもの”【喜瀬雅則】

    dot.

    9/2

  • 松坂大輔が“聖地甲子園”で示した「去りゆく友」への惜別と新たな決意【喜瀬雅則】

    松坂大輔が“聖地甲子園”で示した「去りゆく友」への惜別と新たな決意【喜瀬雅則】

    dot.

    9/14

    松坂大輔だけじゃない…再起に賭ける選手と芸能界を牽引する「松坂世代」

    松坂大輔だけじゃない…再起に賭ける選手と芸能界を牽引する「松坂世代」

    dot.

    7/2

  • 「松坂大輔は、負けてはいけない存在」 PL学園の“好敵手”が明かす復活への思い

    「松坂大輔は、負けてはいけない存在」 PL学園の“好敵手”が明かす復活への思い

    dot.

    4/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す