「NMB48」を誰よりも愛した山本彩が電撃卒業を発表した裏事情 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「NMB48」を誰よりも愛した山本彩が電撃卒業を発表した裏事情

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.#三杉武
「NMB48」からの電撃卒業を発表した山本彩(c)NMB48

「NMB48」からの電撃卒業を発表した山本彩(c)NMB48

 アイドルグループ「NMB48」の山本彩が7月30日、東京・中野サンプラザホールで行われた全国ツアー「NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer」の初日公演でグループからの卒業を発表した。

【写真】キュートなヘソ出しファッションで週刊朝日の表紙を飾った山本彩

 山本はアンコールで、自身がセンターを務める「AKB48」の人気楽曲『365日の紙飛行機』を他のメンバーたちと披露すると、「私、山本彩は『NMB48』を卒業します!」と卒業を電撃発表。

 続けて、「こんなウソはつきません。何年もかけて“卒業”という2文字と向き合ってきました。そのたびに、みんなと一緒にいたいと思いました」と振り返る一方で、「ここ数年は新しくセンターに立つコが何人も出てきて、一歩引いたところから見ていると、今、このタイミングで離れることが、(グループにとって)いい起爆剤になるんじゃないかと思いました」と理由を説明し、自身は卒業後ソロ歌手として活動していくことを明かした。

 今後、卒業時期など新たな発表があるだろうが、ついに来るべき時が来たというのが率直な感想だ。
 
 山本は、グループ結成当初から「チームN」のキャプテンとして、「NMB48」を牽引してきた。

 その姿を初めて間近で見たのは、11年夏に東京ドームシティホールで行われた「NMB48」のデビューシングル『絶滅黒髪少女』のお披露目会見だった。

 当時から、同曲でセンターを務めた卒業生の渡辺美優紀とともに“Wエース”として期待されていたが、デビュー間もないにもかかわらず、報道陣の質問にもしっかりと答えて、それでいて自己アピールだけでなく他のメンバーやスタッフにも気遣いをみせつつ、NMB48愛をアツく語る姿が記憶に残っている。

「NMB48」は“アイドル不毛の地”と言われる大阪が活動拠点とあって、結成当時から苦戦を予想する声もあったが、「このキャプテンなら大丈夫だろう」と思ったものである。

 その後、山本はルックスはもちろん、卓越した歌唱力や頭の回転の速さ、グループに対する強い責任感と愛情で「NMB48」の不動のエースとして活躍し、AKB48グループを代表する人気メンバーの一人に。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい