難治がんの記者 この連載を始めるきっかけとなった棋士の“言葉”

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/07/21 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回はこのコラムを書くきっかけとなった、棋士・先崎学九段について。

あわせて読みたい

  • 怒濤の関西将棋

    怒濤の関西将棋

    週刊朝日

    5/1

    “怪童”村山聖さんは博打勝負も「強かった」 作家・黒川博行が振り返る
    筆者の顔写真

    黒川博行

    “怪童”村山聖さんは博打勝負も「強かった」 作家・黒川博行が振り返る

    週刊朝日

    10/15

  • 帰ってきた三浦九段! 名誉回復にあがく将棋連盟

    帰ってきた三浦九段! 名誉回復にあがく将棋連盟

    週刊朝日

    2/15

    天才たちをのみ込む「鬼の棲み家」…将棋界のあまりに過酷なピラミッド 「ポスト藤井」を待つ厳しい世界

    天才たちをのみ込む「鬼の棲み家」…将棋界のあまりに過酷なピラミッド 「ポスト藤井」を待つ厳しい世界

    AERA

    1/7

  • 棋士と哲学“究極の二刀流” 糸谷哲郎八段が考える「将棋と学問の資質」の共通点

    棋士と哲学“究極の二刀流” 糸谷哲郎八段が考える「将棋と学問の資質」の共通点

    AERA

    10/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す