『池の水ぜんぶ抜く』の加藤英明先生がモデル!? 異色の「かいぼり」小説誕生秘話

朝日新聞出版の本

2018/07/07 16:00

 最近、テレビで池の水を抜く番組が流行っている。池を綺麗にするとともに、数少ない在来種を外来種から守る役目も担っているようだ。

あわせて読みたい

  • 弱者の事件描きたい… 女性作家が挑戦した新しい警察小説とは

    弱者の事件描きたい… 女性作家が挑戦した新しい警察小説とは

    dot.

    12/8

    「池の水ぜんぶ抜く」つよ~い味方!? 淡路島の建設会社が開発した「かいぼり君」とは

    「池の水ぜんぶ抜く」つよ~い味方!? 淡路島の建設会社が開発した「かいぼり君」とは

    dot.

    3/2

  • 現代社会の問題を小説で問い続ける意味「そこに救いはあるのか?」

    現代社会の問題を小説で問い続ける意味「そこに救いはあるのか?」

    dot.

    6/9

    特区のツインタワーでは最先端医療が…女性作家が描く政府への不信感とは?

    特区のツインタワーでは最先端医療が…女性作家が描く政府への不信感とは?

    dot.

    7/19

  • 超問題作!? 暴力団の「生き物ビジネス」でもっと儲かるアイデアを小説に…

    超問題作!? 暴力団の「生き物ビジネス」でもっと儲かるアイデアを小説に…

    dot.

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す