望まない妊娠と緊急避妊薬 海外で「知らせないのは罪」とまで言われる理由とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

望まない妊娠と緊急避妊薬 海外で「知らせないのは罪」とまで言われる理由とは?

連載「ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本佳奈dot.

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員、東京大学大学院医学系研究科博士課程在学中、ロート製薬健康推進アドバイザー。CLIMアドバイザー。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員、東京大学大学院医学系研究科博士課程在学中、ロート製薬健康推進アドバイザー。CLIMアドバイザー。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

緊急避妊薬は、あくまでも緊急的な手段として用いられる内服薬です(※写真はイメージ)

緊急避妊薬は、あくまでも緊急的な手段として用いられる内服薬です(※写真はイメージ)

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は、望まない妊娠を回避するための「緊急避妊薬」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *
 2015年に行われた厚生労働省「第15回出生動向基本調査」によると、不妊症の検査や治療を過去受けた、または現在受けている夫婦は52.1%だそうです。その一方で、この世に生を受ける前に、尊い命が失われている現状もあります。人工妊娠中絶です。

 人工妊娠中絶とは、「胎児が、母体外において、生命を保続することができない時期に、人工的に、胎児およびその付属物(胎盤、卵膜、臍帯、羊水)を母体外に排出することをいう」と、母体保護法第2条第2項に規定されています。年々、減少傾向にありますが、2016年度には16万8千件の人工妊娠中絶が行われました。
 
 厚生労働省による2016年の死因順位別死亡数の推計数によると、1位は悪性新生物、つまり、がんの37万4千件、2位は心疾患の19万3千件、3位は肺炎の11万4千件。人工妊娠中絶によって失われている命がいかに多いのか、わかっていただけるかと思います。ちなみに、年齢階級別にみた人工妊娠中絶実施率(女子人口千対)では、20~24歳が12.9%と最多です。

 そもそも人工妊娠中絶とは、週数によって大きく2つに分けられています。妊娠12週未満の場合、子宮内容物除去術を、また、妊娠12週から22週未満であれば、人工的に陣痛を起こし流産させる方法を取ります。どちらも、身体的にも精神的にも負担になると言わざるを得ません。

 妊娠を望まないなら、必ず避妊をすることが大切です。男性はコンドームを正しく着用し、女性は経口避妊薬を毎日内服することで、高い避妊効果を得られます。コンドームを使用せずに性交渉することは、たとえ排卵日を避け、膣外で射精していても、避妊していることにはなりません。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい