五月病だけでなく、六月病も 産業医が語る新人のメンタル対策

健康

2018/05/18 16:00

 この春から新しい環境に身を置いている人を中心に起こりやすいとされている「五月病」。そのなかでも新入・若手社員の五月病と思われる心身の不調に、職場の上司はどう対応していけばいいのだろうか。大手建設業など多数の企業で産業医を務め、働く人のメンタルヘルス対策に詳しい小橋正樹氏にお話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 不必要な早朝出勤、部下の仕事の執拗な確認… 実はそれ「五月病」かも!?

    不必要な早朝出勤、部下の仕事の執拗な確認… 実はそれ「五月病」かも!?

    週刊朝日

    5/17

    「五月病」にならないための考え方 精神科医が教える習慣とコツ

    「五月病」にならないための考え方 精神科医が教える習慣とコツ

    週刊朝日

    5/16

  • 「上司という言葉を消す」今どきの若手を“適応障害”にしない職場とは?

    「上司という言葉を消す」今どきの若手を“適応障害”にしない職場とは?

    dot.

    5/7

    職場の適応障害、上司の「無知」で症状悪化…「精神論」など四つのNG対応

    職場の適応障害、上司の「無知」で症状悪化…「精神論」など四つのNG対応

    AERA

    7/15

  • 完璧主義者は「五月病」になりやすい? お酒の飲み過ぎはそのサインかも

    完璧主義者は「五月病」になりやすい? お酒の飲み過ぎはそのサインかも

    週刊朝日

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す