京都サブカルの拠点と呼ばれた“伝説”の喫茶店が東京で40年 あの女優も関わった歴史

2018/05/06 11:30

 京都・出町柳にあった「ほんやら洞」は、京都サブカルの拠点と呼ばれた“伝説”の名物喫茶だ。1972年、フォーク歌手の岡林信康などにより開店。いつしか、多くのミュージシャンや詩人、美術家、文化人たちのたまり場となり、文化の発信拠点となった。

あわせて読みたい

  • 創業40年 国分寺「ほんやら洞」を写真で紹介

    創業40年 国分寺「ほんやら洞」を写真で紹介

    5/6

    暴走族も静かになる? 「伝説のすた丼屋」に本当にあった“伝説”

    暴走族も静かになる? 「伝説のすた丼屋」に本当にあった“伝説”

    dot.

    10/1

  • マックに「味は負けない」 日本で現存する「最古のハンバーガー店」

    マックに「味は負けない」 日本で現存する「最古のハンバーガー店」

    週刊朝日

    7/22

    「いい意味でのチープさが伝わらない」  “東京の舌”に馴染まない和歌山ラーメンがなぜ人気店になったのか?
    筆者の顔写真

    井手隊長

    「いい意味でのチープさが伝わらない」  “東京の舌”に馴染まない和歌山ラーメンがなぜ人気店になったのか?

    AERA

    7/11

  • 「6時まで会話禁止」のジャズ喫茶

    「6時まで会話禁止」のジャズ喫茶

    週刊朝日

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す