満塁でヒット打ったのに得点なし… “勘違い”からまさかの結末

2018/04/21 16:00

 2018年シーズンが開幕して半月が経過したプロ野球だが、懐かしいプロ野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、80~90年代の“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「こんなはずじゃなかったのに編」だ。

あわせて読みたい

  • 1イニングで“2つの併殺”!? 珍しすぎる拙攻に星野仙一も不機嫌に…

    1イニングで“2つの併殺”!? 珍しすぎる拙攻に星野仙一も不機嫌に…

    dot.

    3/17

    「何で俺に白星つくの?」 巨人の投手が手にした“ややこしすぎる一勝”

    「何で俺に白星つくの?」 巨人の投手が手にした“ややこしすぎる一勝”

    dot.

    6/20

  • え? そんな終わり方? プロ野球史に残る“珍ゲームセット”

    え? そんな終わり方? プロ野球史に残る“珍ゲームセット”

    dot.

    12/8

    「それを本当に実行するの?」甲子園で誰もが予想しなかった“大胆な奇策”

    「それを本当に実行するの?」甲子園で誰もが予想しなかった“大胆な奇策”

    dot.

    8/16

  • これも「魔物の仕業」なのか…夏の甲子園、まさかの判断ミスで悲劇の終幕

    これも「魔物の仕業」なのか…夏の甲子園、まさかの判断ミスで悲劇の終幕

    dot.

    8/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す