“魔の7歳” 歩行中事故死傷者が最多 危ない通学路とは?

出産と子育て

2018/03/27 11:30

 歩行中の交通事故による死傷者は7歳が突出して多い――。次いで多いのが8歳、そして6歳も高水準にある。つまり小学校1年生と2年生が多く事故の犠牲になっている現実があるのだ。小学校入学とともに親と離れて登下校するようになり、行動範囲も広がる時期だが、近年は子どもの側に違反が無いケースの割合が増え、見守り活動に見直しが必要だという声も専門家から上がっている。

あわせて読みたい

  • 歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由

    歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    5/13

    持ち運べる“オービス”が子どもの命を守る 通学道路での取り締まりに密着

    持ち運べる“オービス”が子どもの命を守る 通学道路での取り締まりに密着

    dot.

    4/13

  • 自転車事故が異例の増加 電動キックボードの脅威にマナー悪化も

    自転車事故が異例の増加 電動キックボードの脅威にマナー悪化も

    週刊朝日

    5/11

    松本走り、山梨ルール、伊予の早曲がり…交差点内での危ない「ご当地運転ルール」

    松本走り、山梨ルール、伊予の早曲がり…交差点内での危ない「ご当地運転ルール」

    AERA

    6/14

  • 「危ない交差点」ワースト5 事故が起こりやすい現場の共通点は?

    「危ない交差点」ワースト5 事故が起こりやすい現場の共通点は?

    AERA

    6/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す