浅田美代子が訴える「繁殖業者のペット大量生産を阻止する動物愛護法改正」 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浅田美代子が訴える「繁殖業者のペット大量生産を阻止する動物愛護法改正」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介dot.#動物

動物愛護管理法の改正に向けて署名活動を続ける女優の浅田美代子さん(写真:本人提供)署名の詳細は以下のページよりご覧いただけます。http://miyokoasada.com/

動物愛護管理法の改正に向けて署名活動を続ける女優の浅田美代子さん(写真:本人提供)署名の詳細は以下のページよりご覧いただけます。http://miyokoasada.com/

狭いケージに詰め込まれ身体を伸ばして寝ることができないラブラドールレトリバー。その結果、背骨が曲がってしまった(写真:本人提供)

狭いケージに詰め込まれ身体を伸ばして寝ることができないラブラドールレトリバー。その結果、背骨が曲がってしまった(写真:本人提供)

目の病気にかかっても放置される繁殖犬(写真:本人提供)

目の病気にかかっても放置される繁殖犬(写真:本人提供)

 前回の法改正で、生後56日まで子犬、子猫の販売禁止が決定したのにも関わらず、売上減少などを理由としたペットフード会社などで結成される業界団体や一部の国会議員の反対により、緩和措置が設けられ、法案が骨抜きになったという。

 問題行動を起こすペットに比例して、虐待、遺棄も増えていく。捨てられたペットはそのまま命を落とすか、センターに持ち込まれる。

「最近は『歩けなくなったから』『手に負えなくなったから』という理由で犬を捨てる人が増えているんです。その後、センターに引き取られた犬は、3日で亡くなったりする。『あと3日一緒にいてあげたらよかったのに……』と言う人がいますが、そういうことではない。犬たちは捨てられたことがわかるんです。そして生きる気力を失って寒いセンターの中で命を落としていきます」

「かわいそうな命は増やさない」。これが動物愛護の基本だと浅田は訴える。

「野良猫の殺処分もすごく多いです。生まれたての子猫が、5匹まとめてスーパーの袋に入れられ、行政施設に持ち込まれる。行政の人はこまめに面倒を見る余裕がないので、子猫たちはその日に処分されることもあります。何のために生まれてきたの?と思いませんか。目も見えない、へその緒がついている猫が次から次へと処分されていくんです。それを防ぐためにも不妊去勢は不可欠です」

 近年、日本でも「殺処分ゼロ」という言葉は浸透しはじめ、公約に掲げる政治家も出てきたものの、まだまだ問題点も多い。

「(動物愛護議員連盟の会合に共に参加する女優の)杉本彩ちゃんともよく話すんですが、動物の殺処分は減ってきたけれど、それは様々な愛護団体が捨てられたペットたちを保健所から引き出して、必死に里親を探しているからなんです。ボランティアによって『殺処分ゼロ』が成り立っているわけです。でもボランティアの目が届かないペットショップにいる子犬たちの親や、繁殖業者によって捨てられた子犬たちはいなかったことにされてしまう。それでは『殺処分ゼロ』になったとは言えません」

 自身の経験を交えた浅田の言葉は優しく、そして力強い。

「不幸な子を見たときに、全部引き取ってあげたいと思うけれど、それはできない。本当に辛い瞬間です。でも、逆に嬉しいこともあって、愛情を注げば注ぐほど、引き取った犬の顔が変わって、徐々に人間に心をひらいてくれるんです。ペットを飼うときは選択肢の1つとして保護犬を考えてみてほしいです」(田中将介)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい