最大5500万円が非課税で贈与できる! 終了間際の「特例」を専門家が解説

シニア

2018/03/09 07:00

 もしも、あなたが将来の相続税対策も兼ねて子や孫世代への生前贈与を考えているなら、今は特例を使うラストチャンスです。教育資金1500万円、住宅取得資金3000万円、結婚・子育て資金1000万円の計5500万円が最大で非課税贈与できる特例は終了間際。制度をよく知って有効に活用しましょう。週刊朝日ムック「定年後のお金と住まい2018」で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

  • 子や孫への「非課税で一気に贈与」 気をつけるべき点は?

    子や孫への「非課税で一気に贈与」 気をつけるべき点は?

    dot.

    5/4

    9万件が契約済み「孫のため」で相続税を節約する!

    9万件が契約済み「孫のため」で相続税を節約する!

    週刊朝日

    12/23

  • 消費拡大が狙い? 相続にまつわる制度、大幅改正の背景には…

    消費拡大が狙い? 相続にまつわる制度、大幅改正の背景には…

    AERA

    12/24

    65年放置で2000万円以上に 孫のために100万円でできること

    65年放置で2000万円以上に 孫のために100万円でできること

    週刊朝日

    6/1

  • 2016年に「子ども版NISA」誕生? 新たな相続対策にも

    2016年に「子ども版NISA」誕生? 新たな相続対策にも

    週刊朝日

    7/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す