密室で決まる大学病院の教授人事 「相応しい人物」が選ばれない理由とは?

連載「メディカルインサイト」

メディカルインサイト

朝日新聞出版の本

2018/02/02 07:00

 東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、教授会の人事について提言する。

あわせて読みたい

  • 「安倍首相の主治医になりたい」慶大医学部で内紛勃発

    「安倍首相の主治医になりたい」慶大医学部で内紛勃発

    週刊朝日

    1/24

    「とりあえず子どもは産むな」と言われ…女性医師たちを待ち受ける修羅場

    「とりあえず子どもは産むな」と言われ…女性医師たちを待ち受ける修羅場

    AERA

    8/24

  • 医局トップでも「手取り40万円代」 大学病院の権威低下で広がる
    筆者の顔写真

    上昌広

    医局トップでも「手取り40万円代」 大学病院の権威低下で広がる"副業"のカラクリ

    dot.

    9/15

    医者が転勤するのは罰則なの? 現役医師が明かす「人事」の裏話
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    医者が転勤するのは罰則なの? 現役医師が明かす「人事」の裏話

    dot.

    8/21

  • 1年目の研修医の約3割がうつ状態? 研修医・医師の悩みの実態とは

    1年目の研修医の約3割がうつ状態? 研修医・医師の悩みの実態とは

    dot.

    3/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す