「インスタ映え」コンテストで著作権侵害が横行

2018/01/25 11:30

 2017年の流行語大賞に「忖度」と共に選ばれたのが「インスタ映え」だ。若い世代はともかく、中年以降にとっては耳慣れない言葉かもしれないので一応解説すると、自分で撮影した写真を投稿するタイプのSNS(ソーシャルネットワークサービス)として人気の“インスタグラム”において、撮影・投稿に対して高い評価がどうかの尺度を指す。インスタグラムは投稿した写真に対してそれを見た人が「いいね」という評価をつける仕組みだが、その「いいね」をたくさん集めそうな写真が「インスタ映えする」写真で、それを実現する風景や被写体の様子などが「インスタ映えする○○」ということになる。いわばフォトジェニックといったことでもあるが、正方形の画角が基本のインスタグラムでは、それにうまくはまるかどうかも評価の一角になる。

あわせて読みたい

  • ポートレート撮影でモデルとの契約は必要? 知らなきゃまずい写真公開「リスク」と「覚悟」

    ポートレート撮影でモデルとの契約は必要? 知らなきゃまずい写真公開「リスク」と「覚悟」

    dot.

    11/19

    許すな写真泥棒! 写真を無断使用された「アサヒカメラ」記者、闘いのすべてを掲載

    許すな写真泥棒! 写真を無断使用された「アサヒカメラ」記者、闘いのすべてを掲載

    7/20

  • 写真家が「過剰レタッチ」に喝! インスタ映えがもたらす不自然な風景写真

    写真家が「過剰レタッチ」に喝! インスタ映えがもたらす不自然な風景写真

    dot.

    12/29

    パクリ問題に「アサヒカメラ」が終止符!パクリとパロディーの差を徹底検証

    パクリ問題に「アサヒカメラ」が終止符!パクリとパロディーの差を徹底検証

    dot.

    8/22

  • 「葛藤しながら伸びてほしい」アサヒカメラ前選者が明かす、コンテストに「勝つ」秘訣

    「葛藤しながら伸びてほしい」アサヒカメラ前選者が明かす、コンテストに「勝つ」秘訣

    dot.

    11/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す