記事を書いたら、祈る がんと闘う記者が考えた

がんと闘う記者

がん

2016/08/08 09:30

 いきさつは忘れたが、あなたは何のために記事を書いているの? と問われたことがある。静岡県の沼津支局で働いていた20代後半。相手はひとつ先輩の女性記者だった。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す