水ト、有働人気が続き、苦戦する若手女子アナ 結果でなければ、異動も (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水ト、有働人気が続き、苦戦する若手女子アナ 結果でなければ、異動も

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.#三杉武

「好きな女性アナウンサーランキング」5年連続の1位に輝いた水卜麻美アナ (c)朝日新聞社

「好きな女性アナウンサーランキング」5年連続の1位に輝いた水卜麻美アナ (c)朝日新聞社

7位にランクインしたNHKの桑子真帆アナ (c)朝日新聞社

7位にランクインしたNHKの桑子真帆アナ (c)朝日新聞社

 そのことは、80年代アイドルと今のアイドルとのファンとの「距離感」の違いにも如実に表れている。

 そして、こうした傾向は女子アナにも及んでいる。

 かつての女子アナのイメージでは考えられなかった大食いキャラで注目を集め、気取ったところやあざとさが感じられない水卜アナを筆頭に、男選びも庶民派?の山崎アナ、お嬢様育ちながらバラエティー番組では自らすすんでボケ役を演じる高橋アナが人気を集めるのも、至極当然の流れだろう。

 NHKの桑子アナと井上アナの2人に関しても、ルックスやアナウンス技術の高さはもちろん、地方局での下積みの長さも人気を後押しする要因の一つではないだろうか。
 
 このような時代背景を鑑みれば、女優顔負けのルックスとモデルさながらのプロポーションの良さで民放各社の女子アナ採用試験に合格し、フジでのデビュー当時から脚光を浴びていた加藤アナは、かつての女子アナの王道を歩んでいる反面、けっして今の時代にマッチしている存在とは言い難い。

 それでも、毎年同ランキングの上位に顔をのぞかせているのは、まさに“スーパー綾子”の“スーパー綾子”たるゆえんだろう。

 ちなみに、加藤アナについては男性だけでなく、若い女性からも支持が高いようで、「華がありすぎる」、「あそこまでルックスが完璧だともう嫌味にならない」といった称賛の声をたびたび耳にする。

 そんな加藤アナはいわば別格の存在としても、大筋では親近感のある庶民派アナが人気を集めているというのが現状である。

 また、今回のランキングの上位10人全員が30歳以上というのも特筆すべき点だ。
もはや、女子アナに若さやフレッシュさ、華やかさを求めていた時代は過ぎ去り、かつて業界内で言われていた「女子アナ30歳定年説」もどこ吹く風。

“女子アナ”という表現すら死語になる日が来るかもしれない。
 
 実力のある者が女子アナとして長く最前線で働けるのは喜ばしいことではあるが、一方で若手にとっては何とも厳しい時代である。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい