斉藤由貴、渡辺謙…「不倫の後始末」がまだ終わらない (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

斉藤由貴、渡辺謙…「不倫の後始末」がまだ終わらない

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田翔子dot.
渡辺謙と斉藤由貴 (c)朝日新聞社

渡辺謙と斉藤由貴 (c)朝日新聞社

 2017年8月の不倫騒動以降は表舞台に姿を見せなかった女優の斉藤由貴(51)が、12月23日、出演映画「リベンジgirl」の初日舞台あいさつに登場した。

【写真】会見で見せた妖艶な斉藤由貴

 約4カ月半ぶりの仕事復帰とあって、報道陣からはさまざまな質問が飛んだが、斎藤は何も答えることなく、会釈するのみだった。9月にダブル不倫交際を認めると、出演中の番組やNHK大河ドラマ「西郷どん」などを降板、その後は“活動自粛”のように見えたが、実は女優活動は継続していた。

「『リベンジgirl』の撮影は9月から10月に行われました。10月にはコンサートにゲスト出演したり、11月以降も配信サイトで放送されるドラマの撮影に参加したりと仕事をこなしていました。来年1月11日には三谷幸喜氏の舞台への日替わりゲストでの出演も決定していますし、新しい映画の撮影も決まっています」(スポーツ紙記者)

 自宅近くでは、娘と買い物をする姿も見られ、これまでと同じ家族の風景だという。

「不倫相手の医師とはあの騒動以降、一切連絡を取っておらず、かかりつけの病院も変えたそうです」(女性誌記者)

一方、斎藤が「西郷どん」で共演するはずだった渡辺謙(58)も、今年3月に不倫発覚。妻・南果歩(53)が乳がんで闘病中の浮気は大きな禍根を残している。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい