小池栄子、視聴者惹き付ける“毒舌力”…演技派女優へ転身後も健在 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小池栄子、視聴者惹き付ける“毒舌力”…演技派女優へ転身後も健在

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
小池栄子 (c)朝日新聞社

小池栄子 (c)朝日新聞社

「4月に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、当時、ドラマで共演していた沢尻エリカ(31)と一緒に出演したのですが、MCの上田晋也(47)から2人の歯切れの悪さを指摘されると、小池は『仲……良くはないっていうか』と正直に打ち明けて、しゃべくりメンバーが大爆笑する場面があった。さらに、沢尻について『夏のフェスで楽しんでいるというイメージがあるけど、私はフェスが苦手で……』と言い、上田から『仲良くする気はあるのか!』と突っ込まれ、笑いを誘っていましたね」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 もちろんサービストークで、本当に沢尻と仲が悪いわけではないと思うが、言いにくいことをサラッと言って笑いにする力は確かに凄い。

「2015年に放送された『ヨルタモリ』(フジテレビ系)では、過去に酔った勢いでタモリ(72)を叱ったことがあると告白していました。さらに、タモリの頬をつまんで『いい大人なんだからしっかりしなさいよ!』と当時の場面を再現したほど。そんな感じで、たとえドラマの番宣でバラエティーへ出演しても、小池の場合は持ち前のサービス精神で今でも番組を盛り上げてくれるんですよ。バラエティーでは物静かに振る舞う役者もいる中、小池は番組スタッフだけでなく、ドラマのスタッフにとってもありがたい存在だと思います」(前出の編集者)

 確かな演技力でドラマや映画、舞台と引っ張りだこの小池。今後も女優として重宝されると思うがバラエティーで活躍する姿も、もう少し見てみたいところだ。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい