「難治がん」の記者 ネットコメントの裏にある不安やつらさを知りたい (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「難治がん」の記者 ネットコメントの裏にある不安やつらさを知りたい

連載「書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者」

このエントリーをはてなブックマークに追加

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

人々はいま、どんなことに楽しさやつらさを感じ、何を大切にして日々過ごしているのだろう…(※イメージ写真)

人々はいま、どんなことに楽しさやつらさを感じ、何を大切にして日々過ごしているのだろう…(※イメージ写真)

 私のすい臓がんも完治しないし、長い共存も期待できない。だから、誰かに「死ね」と言われても、やっぱり同じような顔をしてしまう気がする。命の重さを相手が理解していることに、ほっとしながら――。

 それに比べたら、病気のことを少々言われても気にはならない。むしろ気になり、知りたい気持ちがどんどん強まっているのは、コメントをくれる方々のことだ。いま、どんなことに楽しさやつらさを感じ、何を大切にして日々過ごしているのか――。

 これは興味半分ではない。

 前に書いたことだけれど、私自身、抗がん剤の副作用でしんどかったときに、近くではしゃぐ見知らぬ子どもが「小鬼」のように思え、「去れ」と心の中で念じたことがある。自分だと気づかれないところで言葉を尖(とが)らせることと、匿名でコメントすること。その心境を推し量ると他人事に思えず、何か事情があるのではと考えてしまうのだ。

  ◇
 週末の繁華街に出かけると、大勢の人たちがいる。ぐるりと見渡せる範囲内の人と、新聞記者としてこれまで会ってきた人。どちらが多いだろう?

 取材では、いろいろな生き方に驚くこともあれば、人間同士たいして違いはない、と感じることもあった。時には、記事を通じて役立てないだろうか、という気にさせられた。だから、匿名のコメントは見ないほうがいいと忠告してくれる人がいても、けっきょく読まずにはいられなかった。

 好意的でないコメントの一部には、あのときの自分のように、不安や辛さを抱えている人もいるのではないか。個人的な事情だとしても、政治や行政が絡むとしても、人に話すことで頭が整理され、気持ちがやわらぐことがある。もしその相手が自分でよければ、コメントで触れてもらえないだろうか。

 まず私にできるのは読むことだけだし、その時間がどれぐらいあるかはわからないけれど。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

野上祐

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は闘病中

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい