社員の人生変えた「業務外業務」と「交換留職」 スマイルズがすすめる改革とは? (6/6) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

社員の人生変えた「業務外業務」と「交換留職」 スマイルズがすすめる改革とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
田代くるみdot.#仕事
株式会社スマイルズ代表 遠山正道氏(撮影/川村将貴)

株式会社スマイルズ代表 遠山正道氏(撮影/川村将貴)

――“攻め”の働き方改革により、会社も個人も幸せにしようということですね。

 でも、私から社員に「新しいことにチャレンジしよう」と声をかけたり、後押しをすることはありません。昔から、日本って社内ベンチャーは上手くいかないと言われています。どんなに制度を整えたからといって、制度があるからアイデアが生まれるわけではありませんし、立ち上げたいと思った人間は制度がなくても自分で好きなことをやります。だからこそ「業務外業務」をはじめ、自分がやりたいことは何なのかをちゃんと考えられるチャンスはいろいろなところに散りばめていたい。アイデアとセンスとやる気とコミットメントで働き方は変わる時代だからこそ、そう思うんです。

*  *  *
 昨今語られる「働き方改革」は、労働時間の上限規制といった労働の“量”をコントロールすることが軸となっており、これに取り組む企業は少なくない。しかし遠山氏の考える“攻めの働き方改革”は、「どれくらい働くか」ではなく、「どんなことをして働くか」、引いては「働くことで、人生をどう豊かにするか」ことに重きを置いている。そして、そうしたスタンスだからこそ、同社は「世の中の体温をあげる事業」を生み出せているのかもしれない。(取材・文/田代くるみ)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい