「難治がん」と闘う新聞記者の覚悟 「自分がなすべき仕事」とは (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「難治がん」と闘う新聞記者の覚悟 「自分がなすべき仕事」とは

連載「書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

周りの目は気にせず、自分がなすべき仕事をしよう… 難治がんと闘う記者の覚悟とは(※イメージ写真)

周りの目は気にせず、自分がなすべき仕事をしよう… 難治がんと闘う記者の覚悟とは(※イメージ写真)

 働き盛りの40代男性。朝日新聞記者として奔走してきた野上祐さんはある日、がんの疑いを指摘され、手術。厳しい結果であることを医師から告げられた。抗がん剤治療を受けるなど闘病を続ける中、がん患者になって新たに見えるようになった世界や日々の思いを綴る。

*  *  *
 最近、ある誓いを立てた。

 他人に好かれようと思うな。周りの目は気にせず、自分がなすべき仕事をしよう。

 病気になると、人の情けが身にしみる。仕事でもそれ以外でもつい、情に流されそうになる。体が言うことをきく時に独り、取材し、原稿を書くとする。「職場を離れていても、少しは衆院選のチーム取材を手伝えるのでは」と誤解されないか。そんな不安が頭をもたげる。

 だが、体調はいつ悪化するかわからないのだ。先日もこれまでなかった痛みを背中に覚え、数日でおさまったと思ったら、今度は40度の熱が出た。福島への思い、政治取材、そして病気のこと。他人に代われない仕事を後回しにしている余裕はない。

 先日、ある仕事を断った。私が昨年のコラムで提案した国政選挙についてのアイデアを記事にしようと、遠くにいるときから何度も見舞いにきてくれた同僚がお膳立てしてくれた仕事だ。職場との関わりが薄れがちな私を気づかってくれたのは明らかだ。だが、一度まいた種を育てることまで引き受けていたら、新しく種をまくのに手が回らなくなる。断りのメールを打ちながら、心の中で手を合わせた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい