京大の男性准教授が育休を取って知った“後悔”とは

連載「子育て世代の幸福論」

子育て世代の幸福論

出産と子育て

2017/10/02 11:30

 どうしたら人々が幸せに生きられる社会をつくることができるのか?「幸せ」をテーマに研究を続ける社会学者、京都大学准教授の柴田悠さん(39)は今年5月に双子が生まれ、約半年の育児休業を取得している。夫婦2人で2人の子どもの育児に奮闘する日々の中で、初めて「後悔」を味わっているという。子育てで何が変わるのか。男性社会学者が考えた。

あわせて読みたい

  • 男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    dot.

    11/3

    お金の不安にキャリアの不安...男性の育休取得が難しい理由

    お金の不安にキャリアの不安...男性の育休取得が難しい理由

    BOOKSTAND

    3/16

  • 瀬戸康史、赤ちゃん「寝ました~!」の声に大慌て? ドラマで育児を疑似体験、「すごくショック」な出来事も

    瀬戸康史、赤ちゃん「寝ました~!」の声に大慌て? ドラマで育児を疑似体験、「すごくショック」な出来事も

    AERA

    7/20

    物議かもした男性議員の育休 「どう取るかが大事」と男性知事

    物議かもした男性議員の育休 「どう取るかが大事」と男性知事

    AERA

    1/19

  • 「保育園入園予約制」で保活は改善するか? 導入にはハードルも

    「保育園入園予約制」で保活は改善するか? 導入にはハードルも

    AERA

    9/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す