広陵・中村奨成、U-18の“大不振”はドラフトに影響するか? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広陵・中村奨成、U-18の“大不振”はドラフトに影響するか?

西尾典文dot.
U-18ベースボールワールドカップで不振だった広陵・中村奨成(c)朝日新聞社

U-18ベースボールワールドカップで不振だった広陵・中村奨成(c)朝日新聞社

 そしてバッティング以上に残念だったのが、守備の面でも持ち味を発揮できなかったことである。アメリカ戦では見事なスローイングを見せた一方で送球ミスも重ね、不用意な失点に繋がってしまった。それ以降はコンディションの問題もあって古賀悠斗(福岡大大濠)がマスクをかぶることが増え、中村の出場はほとんどが指名打者と代打であった。要として期待されていただけに、攻守にわたる不振は日本チームにとっても大きな痛手だったことは間違いない。

 気になるのはU-18のプレーぶりがプロ側の評価にどう影響するかということであるが、結論から先に言うと大きく評価が下がることはないと考えられる。まず大きいのはキャッチャーの評価基準として最も大きいウエートを占めるスローイングの能力がずばぬけて高いことである。甲子園でもイニングの間に投げるセカンド送球では中村より速いタイムを計測する選手は数人いたが、ボールの質という意味では完全に頭一つ抜けている印象を受けた。これは高校生に限らず、アマチュア全体でもトップと言えるレベルである。ただ肩が強いだけでなくフットワークも素晴らしく、中京大中京戦と聖光学院戦で見せたバント処理でのセカンド封殺は球場全体をどよめかせるほどの迫力だった。そしてもうひとつは甲子園という大舞台で自分の持っている力をフルに発揮することができたという事実が何よりのプラス要因である。抽象的な表現になるが、日に日に注目が集まる中でも結果を残し続けたという“スター性”はプロで活躍するために必要不可欠なものであり、そういう要素を評価するプロ関係者も多い。

 さらに中村の後押しとなるのが、有望な若手捕手が少ないプロ側の事情である。どの球団も将来の正捕手候補には苦労しており、ましてやそれがスター性のある人材となると12球団見回してもほとんど見当たらないのが現状である。捕手はプロでも最も時間のかかるポジションであり、中村も一軍に定着するまでにはクリアするべき課題は少なくないが、モノになった時のスケールの大きさは何物にも代え難い魅力だ。高校卒の捕手としては城島健司(元ダイエーなど)以来の大物であり、甲子園大会終了時点で早くもプロ志望を表明していることも頼もしい限りである。もし清宮が大学進学となった場合には、ドラフト会議の目玉となることは間違いないだろう。(文・西尾典文)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい