小林麻央さんが最後に選択した在宅医療7つの誤解

おひとりさま

2017/07/13 14:34

 6月22日、乳がんのため亡くなった小林麻央さん。彼女が最後の時間として選んだのが、家族とともに過ごすことができる在宅での医療だった。超高齢化社会を迎え、「自宅で最後を迎えたい」と望む人が国民の6割とも言われるなか、在宅医療についての過った認識も広がっている。週刊朝日ムック「自宅で看取るいいお医者さん」より、思い込みにとらわれない、在宅医療の正しい知識を覚えておきたい。

あわせて読みたい

  • お金がかかる、おひとりさまでは無理…は思い込み? 在宅医療7つの誤解

    お金がかかる、おひとりさまでは無理…は思い込み? 在宅医療7つの誤解

    dot.

    7/16

    自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

    自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

    dot.

    10/2

  • 在宅医療で失敗しない「いい在宅医」を見抜く3つの条件

    在宅医療で失敗しない「いい在宅医」を見抜く3つの条件

    AERA

    2/16

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    9/24

  • コロナ禍で在宅死の希望が増加 在宅医療は意外と安い?

    コロナ禍で在宅死の希望が増加 在宅医療は意外と安い?

    週刊朝日

    8/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す