低迷巨人 復活へ“過剰補強”を凍結せよ!

2017/06/21 16:00

 球団史上ワーストとなる13連敗を喫し、交流戦では10位、レギュラーシーズンでも4位に沈む巨人(※6月19日現在)。6月13日に行われた読売新聞の株主総会では堤辰佳GMの辞任と鹿取義隆GM特別補佐の昇格が発表された。シーズン前にはアマチュアスカウト部門のトップ3名が異動となり、岡崎郁氏が新スカウト部長に就任するなどチームの低迷が球団フロントの人事にも大きな影響を及ぼしている。そこで今回は巨人の過去5年間のドラフト、補強を振り返りその問題点と今後向かうべき方向について考えてみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    dot.

    11/18

    巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

    巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

    dot.

    7/4

  • 最も“若手が充実”してるのは… 将来的に強くなるのはどのチーム?【パ・リーグ編】

    最も“若手が充実”してるのは… 将来的に強くなるのはどのチーム?【パ・リーグ編】

    dot.

    5/28

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    dot.

    3/7

  • 清宮、中村奨に“残された時間”は…「高卒ドラ1位野手」は何年ぐらいで主力に?

    清宮、中村奨に“残された時間”は…「高卒ドラ1位野手」は何年ぐらいで主力に?

    dot.

    7/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す