心理学博士が教える 職場に必ずいる“バカ”に負けない方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

心理学博士が教える 職場に必ずいる“バカ”に負けない方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
「数字好き」はなぜバカなのか? (c)かみやナエこ

「数字好き」はなぜバカなのか? (c)かみやナエこ

 組織にはさまざまなタイプの「バカ」がいる。とくに厄介なのが、「会議」「規則」「数字」を振りかざす、「カイシャの3バカ」だ。だが安心して欲しい、カイシャの「バカ」につける薬はないが、身を守る方法はある。

「3バカ」の名付け親でもある心理学博士の榎本博明氏は、その名もズバリ『カイシャの3バカ』(朝日新書)という著書のなかで、3バカの深層心理を解析し、対処法を紹介してくれている。

*  *  *
 バカは自分がバカであることに当然自覚がなく、精神的に「健康」で、次の3つの幻想を抱いている。

(1)非現実的なほど肯定的な自己評価
(2)過大視されたコントロール感
(3)非現実的な楽観主義

だから周囲の人たちを困らせているのに、いつもアッケラカンとしていられるのだ。

組織のバカでとくに手に負えないのが、「会議」「規則」「数字」が好きなバカたちだ。

●どうして彼らは会議が好きなのか?
→仕事が出来ない上司でも、存在を誇示できるからである。

●どうして彼らは規則が好きなのか?
→自分で考えて判断する能力がないからである。理詰めで説得する自信がないからである。

●どうして彼らは数字が好きなのか?
→この理由はいくつも挙げられる。論理的思考能力が欠けているから。どんなに鈍感でも数字なら読めるから。人と交流が出来ないので、数字にしがみつくから。そして、なんと、数字好きは実は数字に弱いから!


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい