小倉優子「離婚バブル」でテレビ出演が激増のワケ  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉優子「離婚バブル」でテレビ出演が激増のワケ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
小倉優子=2013年撮影 (c)朝日新聞社

小倉優子=2013年撮影 (c)朝日新聞社

 カリスマ美容師の菊地勲氏と3月に離婚したタレントの小倉優子(33)が5月23日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、苦しい胸の内を明かした。現在4歳の長男と6か月の次男を育てているが、シングルマザーとしてスタートしたばかりで、「どこを走ってるのか、どこに向かってるのか……」と手探りの日々が続いているという。しかも、息子が「大きくなったら僕が一生懸命働くから、ママはお料理だけしてればいいよ」と言ったり、息子のアイスを小倉が食べてしまっても怒らなかったりと、小倉を気遣ってくれるので涙を流してしまうそうだ。

 2016年8月、当時、事務所の後輩だった女性タレントと菊池氏の不倫が発覚し、11月に次男が誕生するも、離婚という選択をした小倉。現在は話題性もありバラエティー番組に引っ張りだこだが、離婚前はブログやテレビでの家事育児アピールが“あざとい“という指摘もネット上で見られた。だが、そんな小倉に対し世間の見る目は確実に変わりつつあるという。女性週刊誌の記者は言う。
 
「最近になって、小倉に好感を持つ視聴者が多くなったといいます。不倫やシングルマザーとしての心情を、真剣かつ赤裸々にテレビで語る姿を見て激励したくなるのかもしれません。例えば、夫の不倫に関して『帰りは遅かったか?』と直球の質問をされても、『打ち合わせって聞いていたから』『不倫を疑ってもなかった』と素直に返答していました。現在の生活については『頑張るしかない』と意気込んでいましたが、『未来を考えると不安になってしまうので、今だけを考えるようにしている』と弱音も吐露している。ちなみに、自身の結婚会見で『100%浮気されない自信がある』と報道陣に言い切ったことについては、今は恥ずかしいと思っているそうです」

 さらに、子育てと仕事についても、より真面目に考えている様子がうかがえる。スポーツ紙の芸能担当記者が話す。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい