医療カウンセラーよりAIがいい!? 機械相手だと話しやすい理由とは

朝日新聞出版の本

2017/04/29 07:00

 日々新たなニュースが発信され、研究に役立つ高度なツールの開発も進む脳神経研究の世界。AI(人工知能)の台頭で人とコンピューターが共存する時代には、人間らしいあり方や役割についての新たな価値観の醸成も求められる。将来、研究者を目指す中高生向けの単行本『いのちの不思議を考えよう(3) 脳の神秘を探ってみよう 生命科学者21人の特別授業』では、佐倉統(東京大学大学院情報学環教授)さんと、池谷裕二(東京大学大学院薬学系研究科薬品作用学教室教授)さんの2人の脳科学者に、医学・生理学から工学、物理、哲学的見地まで広範に及ぶ脳研究の道の将来について語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 相当なオタク? 脳研究者が打ち明けた最高な瞬間とは

    相当なオタク? 脳研究者が打ち明けた最高な瞬間とは

    dot.

    4/30

    安住紳一郎「テレビやラジオは2年ごとに飽きられる」 だからこそ見せる“牽制球”

    安住紳一郎「テレビやラジオは2年ごとに飽きられる」 だからこそ見せる“牽制球”

    週刊朝日

    2/16

  • 「脳は30代以降の方がよく動く」脳研究者・池谷裕二が寄藤文平と対談

    「脳は30代以降の方がよく動く」脳研究者・池谷裕二が寄藤文平と対談

    週刊朝日

    5/24

    「コミュ力=人の価値」がコロナで変わる? 脳研究者が語る刺激過剰な社会

    「コミュ力=人の価値」がコロナで変わる? 脳研究者が語る刺激過剰な社会

    週刊朝日

    10/29

  • 人工知能時代には「接待マージャン」は消滅する!?

    人工知能時代には「接待マージャン」は消滅する!?

    週刊朝日

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す