空港は変わっても人は変わらないインドの魅力 <下川裕治のどこへと訊かれて> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

空港は変わっても人は変わらないインドの魅力 <下川裕治のどこへと訊かれて>

連載「どこへと訊かれて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドもLCCの時代。昔に比べ、客層は多彩になった

インドもLCCの時代。昔に比べ、客層は多彩になった

「シムカードありますよ」
「ネットもつながるタイプ?」
「もちろん。うちが紹介するホテルに泊まったら、ホテルのスタッフがシムカードを用意します」
「そういうことじゃなくて」
「渋滞で市内まで行くのは大変。うちのホテルは空港から車で5分です」

 またしてもインドだった。

 なんだかおかしくなってくる。

 結局、このオフィスが斡旋するホテルに泊まることになってしまった。おそらくどのオフィスにいっても一緒なのだ。シムカードを用意するといった以上、なにかはするだろう。インド人は意外なほど律儀だ。

 空港は変わった。

 しかしインドは変わらない。

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)
1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい