37歳で王座返り咲き…パッキャオが愛され続ける理由

2016/11/08 16:00

 現地時間11月5日、ボクシングの6階級王者マニー・パッキャオの現役復帰戦がラスベガスで行われた。37歳になったフィリピンのスーパースターは、WBO世界ウェルター級王者ジェシー・バルガス(アメリカ)からダウンを奪っての判定勝利。10歳も若い選手をスピード、スキル、スタミナで上回り、再び世界王者に返り咲いた。

あわせて読みたい

  • パッキャオと再戦も? メイウェザーの巧みな“引退ビジネス”

    パッキャオと再戦も? メイウェザーの巧みな“引退ビジネス”

    dot.

    4/5

    パッキャオ、“世界的無名”ホーンとの一戦にキャリアをかける理由

    パッキャオ、“世界的無名”ホーンとの一戦にキャリアをかける理由

    dot.

    6/30

  • 中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

    中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

    dot.

    7/9

    「井上尚弥は現時点で世界最高のファイター」米理論家トレーナーが指摘した死角とは?

    「井上尚弥は現時点で世界最高のファイター」米理論家トレーナーが指摘した死角とは?

    dot.

    8/27

  • 井岡一翔、井上尚弥、内山高志…世界も注目するタイトル戦でインパクトを残すボクサーは?

    井岡一翔、井上尚弥、内山高志…世界も注目するタイトル戦でインパクトを残すボクサーは?

    dot.

    12/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す