楽天勢が豊作、18年ぶりの野手新人王なるか? プロ野球ルーキー査定<パ・リーグ編> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

楽天勢が豊作、18年ぶりの野手新人王なるか? プロ野球ルーキー査定<パ・リーグ編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
楽天の茂木栄五郎。新人王は誰に? (c)朝日新聞社

楽天の茂木栄五郎。新人王は誰に? (c)朝日新聞社

 プロ野球のパ・リーグは、5日にレギュラーシーズンの全日程を終了する。主な新人の成績を振り返る。

 新人王候補に挙げられるのは、楽天ドラフト3位の茂木栄五郎内野手だ。早大時代は主に三塁、時に二塁を守ったが、プロでは開幕から遊撃手として出場。2日現在で18失策はリーグ最多だが、打率.281、7本塁打、40打点と持ち味の打力で定位置を確保した。走力もあり、11盗塁に加え、ランニング本塁打も2本打っている。シーズン2本のランニング弾は92年川相昌弘(巨人)以来24年ぶりで、新人では2リーグ制後初の珍記録だ。

 パ・リーグで野手が新人王を獲得すれば98年小関竜也外野手(西武)以来で、守備の負担が大きい遊撃手では97年小坂誠(ロッテ)以来となる。新人王は10勝を挙げた日本ハムの高梨裕稔(3年目)との一騎打ちの様相だが、はたしてどうなるか。

 打者ではオリックスのドラフト1位、吉田正尚外野手も存在感を示した。故障で出場63試合にとどまったが、打率.290、10本塁打。大学ジャパンで4番を打った長打力を見せつけた。パ・リーグで新人の2桁本塁打は03年後藤武敏(西武=11本)以来13年ぶり、オリックスでは阪急時代の85年熊野輝光(14本)以来31年ぶりの快挙だ。シーズン終盤は3番を打っていたが、最終戦ではついに4番に昇格。173センチと小柄なだけに、高速スイングに1年間耐えられる体ができれば、来年以降も中軸を打てそうだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい