天皇陛下の執刀医である天野篤氏が明かす“天才”を育てたものとは

健康

2016/09/18 07:00

 人の体の中でも、特に手術が難しい「心臓」。並外れた技術で、重症患者を次々救っているのが順天堂大学順天堂医院の天野篤院長(60)だ。これまでの手術数は7300例以上。天皇陛下のバイパス手術も担当した。週刊朝日MOOK「突然死を防ぐ 脳・心臓のいい病院」で、その極意を語っていただきました。

あわせて読みたい

  • 天皇陛下の執刀医・天野篤医師も奮起した、外科医を「本気」にさせるいい紹介状とは?

    天皇陛下の執刀医・天野篤医師も奮起した、外科医を「本気」にさせるいい紹介状とは?

    dot.

    3/19

    “天皇陛下の執刀医”が受験生へアドバイス 「満点を目指さず90点主義」

    “天皇陛下の執刀医”が受験生へアドバイス 「満点を目指さず90点主義」

    週刊朝日

    10/5

  • 上皇さまの執刀医・天野篤医師が築いた「一流のチーム医療」とは 心臓手術数全国トップクラスの病院に聞く

    上皇さまの執刀医・天野篤医師が築いた「一流のチーム医療」とは 心臓手術数全国トップクラスの病院に聞く

    dot.

    3/5

    「若い人の質が落ちてます」心臓外科医・天野篤が医学生教育に苦言

    「若い人の質が落ちてます」心臓外科医・天野篤が医学生教育に苦言

    週刊朝日

    1/15

  • 【参加無料Webセミナー】医師が本音でトーク「いい治療」は病院選びで決まる!<4月24日(日)開催>

    【参加無料Webセミナー】医師が本音でトーク「いい治療」は病院選びで決まる!<4月24日(日)開催>

    お知らせ

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す